建築探訪 @高知市

高知市に行くならば必ず訪れたい建築が幾つかあり

その一つ。建築家 堀部安嗣氏が設計した「竹林寺納骨堂」です。

 

存在を主張せず、素朴に凛と佇む建築手法の代表作であるがごとく

もともとある竹林寺の景色に溶け込むように、染み込むように配置された建築です。

 

 

 

生とは何か。

死とは何か。

万物のすべては即ち自然であることを考えるアプローチ。

 

 

外界の光と、深く伸びた庇の奥にある闇の対比。

 

陰影の先にある光が、また生へといざなう。

 

 

その先には水盤が敷かれ、光、風、緑、水、香りに故人を偲ぶ空間と感じた。

 

 

とにかくdetailに魅了される。

 

エントランスは背割りのない無節の柱。いわゆる芯去り材。

構造材は3.5寸角(105mm)ですべて統一され、規則正しく配列した意匠美に襟を正す。

 

屋根と軒先。外周と外構の関係性。

 

 

堀部建築に魅了された、そんなひと時でした。

関連記事

カレンダー

2022年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

  1. 2022.07.18

    こころのケア
  2. 2022.07.12

    武器と防具
  3. 2022.06.20

    洒落っ気
PAGE TOP