建築探訪 その1@防府市

暖かな風が吹く週末の土曜日。

山口県建築士会女性部研修会in防府に参加しました。

 

10年ぶり?に訪れた防府天満宮。

防府天満宮の宮司さんが一級建築士資格を持っており、その宮司自らが案内してくれる

というなんと素晴らしい研修会(建物探訪)である。

 

まずは納骨堂。

 

第一納骨堂と第二納骨堂の2つに分かれておりファサード(建物外観)はまるで古墳を彷彿とさせます。

 

「魂は永遠に不滅とするもの」とする日本人が古来大切にしてきた信仰を表現したコンセプト。

 

中に入るとドーム状の天井から柔らかな光が差し込み、礼拝者を温かく包み込む。

 

学生の頃に建物探訪したパンテオンを思い出す。そんな瞬間。

 

共に建物を傾斜地に埋没させ、方位軸を導線へと昇華させた第二納骨堂。

こちらは2建て。

その2階からアプローチし、1階へと誘う建築手法。

 

それぞれテクスチャーの異なるPC(プレキャストコンクリート)のドームが

表情を変え、陰影を変え、そして敬う心を変えると感じます。

 

建設に至った経緯に設計者の意図、そして自らの神道について熱く語る宮司に

建築家にとって感無量であると感じ、そうなりたいと強く思ったそんなひと時でした。

 

建物概要

第一納骨堂

構造規模:鉄筋コンクリート造平屋建て

施設内容:神道家納骨壇116家(基)

 

第二納骨堂

構造規模:鉄筋コンクリート造2階建て

 

設計

種村強建築設計

 

@imamura

関連記事

カレンダー

2022年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の記事

  1. 2022.04.29

    吟味
  2. 2022.04.26

    敢闘賞
  3. 2022.04.21

    フォーカス
PAGE TOP