吟味

素材を吟味。

 

自然素材はそのまま食することが一番美味しく

建築素材に於いても同様であると思います。

 

 

材料に「木」を使用するのであれば「すっぴん」のままが一番美しくものであり

着色するケースは材料があまり良くなかった(いわゆる木取りができない状況)場合か

若しくはエイジングによる材料劣化の場合でのみ使用することが、素材本質を生かすことを理念とした

建築家の責務と言えよう。

 

 

積層した突板。

これをあそこに使って、それをあの部材として表現する。

妄想が膨らみます☆

関連記事

カレンダー

2022年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近の記事

  1. 2022.09.30

    十五夜
  2. 2022.09.27

    感謝
  3. 2022.09.21

    サプライズ!
PAGE TOP