工事監理の巻

いよいよ着工と迎えた福岡市南区のクリニックの現場。

 

地盤調査(ボーリング調査)に基づき、建物支持地盤が表層より約6mに位置するため鋼管杭を打設します。

 

その打設する前に工法(鋼管杭の施工方法)が大臣認定に沿っているかの適合性確認を行います。

ゼネコン(施工者)から提出される施工計画書のcheckbackを2回ほど行い、まずは現場搬入した材料(杭)の確認です。

 

鋼管の肉厚(厚み)。

杭の長さはもちろん杭先端の羽を確認。

@鋼管杭は基本JIS規格の鋼管に特殊な羽を取り付けて認定を取ってます。

 

 

その後、試験堀を行うのですがオーガ(スクリュー式のドリル)先端に付着する土(支持層)を

地盤調査で得られた土質標本を照らしあい照合確認を行います。

 

 

建築(建物)は堅固な地盤によって支えられます。

目視確認できない地盤(地中)は細心の注意と緊張感を持ち、工事監理を行うことが設計事務所の職務です。

 

 

建築が出来上がるまでの工程は多岐に渡ります。

 

いざ☆

 

@imamura

関連記事

カレンダー

2022年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の記事

  1. 2022.09.21

    サプライズ!
  2. 2022.09.10

    涼を楽しむ?
PAGE TOP