観光資源とはいかに

建築設計の仕事は単に建物を設計し工事監理を行い具現化する
一つのものでなく、その範囲は多岐にわたります。

 

それは、デザインするという行為から派生した都市計画(マスタープラン)もあれば 維持管理であったり、建築遺産(レガシー)の調査・保存活動であったり
はたまたエリアマネジメントや環境共生、そしてランドスケープデザインなどなど。

 

建築をつくるという作業のなかで、最近特に重きを考えること。

建築はそれ(単体)だけでは成り立たず、景色や風景との関係性で生まれます。

 

この景色や風景、あるいみ公共的空間のデザインをランドスケープデザインと言います。

 

 

去る11月末に開催した「第14回関門地区(下関市・北九州市)景観ウォッチング&セミナー」に 参加しました。

今年は下関市で開催となり、海峡とまちをつなぐ景観とは何かを考えるため
今、下関が抱える問題の唐戸地区ウォーターフロントをまずは
フィールドワーク。

 

賑わいのある唐戸市場があり

歩く人影もなく閑散とした唐戸商店街がある

 

ウォーターフロントと商店街をどのように繋げるのか。
星野リゾートホテルが建設となるため、老舗のグランドホテルが解体となるジレンマに それぞれグループに分かれてワークショップを行いました。

 

 

多様な意見が生まれ、そして洗練され、まとめられた内容は
下関市へ意見書(提案書)として提出します。

 

朝9時から活動し、気が付けば18時。

夜の市場。

 

 

なんだかこれはこれで観光資源かも。。。

 

t.imamura

関連記事

カレンダー

2019年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

  1. 2020.11.27

  2. 2020.11.25

    気配りとは
  3. 2020.11.22

    生涯学習
  4. 2020.11.20

    季節外れ?

アーカイブ

PAGE TOP